永代供養

永代供養とは後継者がいないなど墓守ができない場合に寺院や墓園業者が永代にわたって供養と管理をすることです。

一般的に、ご遺骨は他の人と一緒のお墓もしくは納骨室に安置されます。

永代供養に関する納骨の仕方や料金体系、供養の仕方などは寺院や墓園業者により様々です。

契約内容をよく理解し納得できる選択をしましょう。

 

 

「須賀川市長沼 永泉寺の永代供養塔」

 

合祀室付きの供養塔は、地下空間があるため自然換気では空気の循環が起こりません。湿気は下に溜まるので、合祀室の下部に吸引口を設け供養塔サイドから吸引した空気は、合祀室の下部を通り外に排気される構造にしました

供養塔内と合祀室内24時間強制換気システムが完備することにより、お亡くなりになった方も快適な空間で過ごすことができると思います。

合祀室のお骨が増加するに従いさまざまな問題が発生することがあります。カビやバクテリアの腐敗臭が独特の異臭を発生、真夏になると供養塔内に入るのを躊躇してしまうぐらい酷い状態になります。

また、合祀室内から上がる湿気により、数年ぐらいで石材の劣化が進んでしまったり、耐震ボンドの性能が低下地震発生時倒壊するおそれがあります。

それらの問題点を解決するために換気設備を導入しました。

その他、注意したこと!

中国産の御影石は安価で購入できる反面、さまざまな問題を抱えていることが多いので、供養塔内部も全てインド産の御影石を使用しました。

地震に強い永代供養塔づくりを目指し、主要な柱は基礎コンクリートに27cm以上埋め込んでおります。また、基礎コンクリートの下にも揺れを軽減するトップベース工法を採用、東京大学地震研究所の実験結果では地震発生時のエネルギーが、1/32に軽減されることが発表されております。

 

永泉寺永代供養墓 
1、使用資格 永泉寺檀徒(護寺会会員)

 檀徒以外の方は過去の宗教宗派は問いませんが新たに永泉寺に入団が必要。

2、遺骨は骨壷のまま供養塔内部の棚に安置いたします。

  但し、没後十三回忌以降は供養塔墓したの納骨堂に合祀いたします。

3、志納金(諸経費)

  1人(1霊)35万円 2名以上はご相談ください。

   〇〇家先祖代々諸精霊として永代供養する場合は、1霊分とみなし同額の35万円。

※お問合せ・お申し込みは  曹洞宗 大用山 永泉寺

電話・FAX:0248-67-2002